建築家と建てる家|庄司洋建築設計事務所

兵庫県西宮えべっさんの近く「住まいづくり」を中心に
庄司洋の主宰する建築設計事務所です。

 

「住まいづくり」について

住まいのあり方は十人十色
いくら背伸びをしても、その施主さんありきの住まいとなる事が前提です。
時流に流されず、いつまでも家を愛し、生活を楽しめ、住まい手と共に歳を重ねられる家作りをお手伝いしたいと考えています。

人はそれぞれが持つ主義主張や感性の物差しがあります。
人の物差しの目盛を、他人が間違いなく読み取る事は不可能です。結婚相手でさえままなりませんから、設計者が施主さんの目盛を読むなど本来できるものでありません。ですが、施主さんそれぞれの持つ物差しをいかに読み取るかは、設計者にとってもっとも大切なことであり、住まい作りの要であり、家そのものであると感じています。その思いに出来る限り近く、少し背伸びをしたぐらい。そんなところに着地できれば一番満足してもらえる、とこれまでを通じ感じています。その少し背伸びした住まいで生活するうちに、いつのまにかその施主さんの自然な物差しになってくれる事を望んでいます。
住まいにはいろんなスタイルがあります。
大きな家、小さな家、贅沢な家、質素な家、ハイテクな家、エコロジーな家。特に建築家の設計による住宅は千差万別です。建築家の個性による独特なスタイルを望まれる方もいらっしゃるでしょう。しかし私自身はそれよりも、住まい手の個性が素直にその住宅のスタイルになってくれる事を目指しています。もちろん、設計者としての主義主張や感性を放棄するのではありません。始めはお互いに理解ができなくとも、打合せを重ねお付き合いして行く過程で、お互いが望む意図を汲み取り、コラボレーション(協同)ができれば良いと思うのです。その結果は「この施主さんだからこそ、この住まい」と感じてもらえる個性的な家づくりになるはずと信じています。

「住まいづくり」の設計と監理

「住宅の設計と監理」が中心です。

住宅は建築設計の基本と言われます。
その解釈はさておき、それだけ施主さんの思いが強いと言う事だと思っています。大きな事から小さな事まで、全体から細部まで、建築の要素は様々です。出来上がった後に、施主さんが設計者の苦労と工夫の跡にふと気がついてもらえれば、そんな時、生活の潤いとゆとりを感じてもらえるかもしれないと思っています。色んな建築設計にチャレンジする意欲はもちろんありますが、人それぞれ個々の思いを丁寧に形にする住宅の設計を中心に、庄司洋建築設計事務所は設計活動を進めます。
建物の良し悪しは設計がまずありきと信じています。
工事に於いてもそれが十分に工事業者に伝わらなければなりません。施主さんと共に時間を掛けて築いてきた構想の図を、絵に描いた餅にしてはならないのです。だからと言って無理強いをするものではありません。工事業者とのコミュニケーションも同じ様に大事です。その中心が設計図面。図面を大事にする施工業者とタッグを組み、平均して週1度の工事監理を行い間違いのない工事を進めます。(工事の内容、状況に応じて現場に赴く回数が変わります。)

経歴・事務所概要

Hiroshi Shoji

hiroshishoji220x220

庄司 洋 ショウジヒロシ
1965年 大阪市生まれ
1988年 京都精華大学デザイン学科ビジュアルコミュニケーションデザイン専攻卒業
1991年 京都精華大学デザイン学科アーバンリビングデザイン(建築)専攻卒業
1992~1997年 小山隆治建築研究所
1997年 庄司洋建築設計事務所開設
1998~2004年 京都精華大学非常勤講師
2011~2012年 京都嵯峨芸術大学非常勤講師

P_kan : Hiroshi Shoji Building Workshop

庄司洋建築設計事務所
西宮市城ケ堀町7-7/〒662-0856
tel:0798.37.3500. fax(IP):050.3424.4605.
一級建築士事務所:兵庫県知事登録(一級)第01A00848号
管理建築士:庄司洋/一級建築士大臣登録 第264905号

STAFF スタッフ紹介のページへ

「P_kan」

「ぴーかん」の意味は諸説ありますが、快晴を意味する映画業界で使われている撮影用語。直射日光の当たる快晴の状態を指すようです。
建築を進めるには、いろいろな意味で「晴れ」で無ければなりません。工事中の天気はもちろんの事、施主さんにとっては「晴れ」の大事業です。完成の暁には関係した誰もが晴れやかで無ければなりません。
そんな願いを込めて、「ぴーかん」を事務所の名前に冠しています。

▶︎ メール|連絡フォーム

このサイト内の記事・画像の転載等について

 Creative Commons License 

P_kan*Portfolio by P_kan : Hiroshi Shoji Building Workshop is 
licensed under aCreative Commons 表示-改変禁止 2.1 日本 License. 
Based on a work at www.hifumiyo.com .

・本作品を複製、頒布、展示、実演することができます。
・表示. あなたは原著作者のクレジットを表示しなければなりません。
・改変禁止. あなたはこの作品を改変、変形または加工してはなりません。

本サイトの記事や写真の転載等は概要の表示を含め、基本的に使用を可とします。
但し、クリエイティブ・コモンズ2.1 に準拠し著作者の表示やリンクをお願い致します。
画像の加工については表現内容を侵害しない限り、拡大縮小・トリミングを可能とします。
色調の変更はお控えください。
写真については、撮影者(写真家)の著作物であるため併記している写真家のクレジットのを必ず表示してください。
不明な点、営利目的に使われる場合は使用前に必ずご連絡をお願いいたします。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on Pinterest