左官体験:京都府左官技能専修学院にて

左官教室

左官教室

すまいをトーク京都府左官技能専修学院に伺い左官実習を体験してきました。

現場の隅でチョロチョロと、我が家の補修でチョロチョロとぐらいは、コテをもっての左官のマネごとはしても大概は床面。一畳大の壁面を、しかも土壁を塗るという体験は初めてでした。実習の前に、学院長の西村弘三さんに京都の左官についてのお話を伺い、実習室にて実演を拝見し、挑戦する壁に向き合いました。

まず水を含ませた大きな刷毛で壁の埃を払い落し、打ち水をします。さて、塗り良い硬さに調整していただいた筈の練り合わされた土ですが、パレット(そう言えば何と呼ぶのだろう。。。)に載せた土をコテに移せない。塗る前から立ち往生です。コレがまず出来ない、と学院長さんがさも手際よくコテに土を載せる仕草を実演されていましたが、全く出来ません。ヒョイと簡単に載せていたように見えたのに。これでは壁を塗るどころでなく日が暮れてしまう。。。

後半で多少は要領は得たものの、諦めて一塗りずつ土をコテに載せ、壁に塗り始めました。。。というか、ほとんど押し付けるような状態。再び、コレがまず出来ない、学院長さんの言葉がかすめて行きます。まったく思う様に行きません。何気に塗り伸ばしていたように見えていた実演では、厚み3ミリぐらいですかね〜。だった筈が1センチぐらいモッコリしてしまうやら、塗りのこって下地が見えたままやら。壁際に至っては、控えめにという話もそれどころでなく、土を押し付けてしまう始末。新築の家でこんな事をしたら間違いなくお払い箱です。予想以上に悪銭苦闘。窓際にいたものだから、背中の陽がだんだんと暑く。汗やら冷や汗やら。

どうにかこうにか塗り終えかけたところに、学院長さんが。まだマシやね。ガクッ。本来コテ先はほとんど使わずするものらしいが、塗り残し多い端なんかをコソコソ小手先で穴埋めしてなんとか終了しました。気がつけば一時間ぐらいかかっていたのでしょうか。へっぴり腰の姿勢で、腕と腰と小手先の手がクタクタでした。全く仕事になりませんね。

左官教室で塗った壁です

左官教室で塗った壁です

日本の土は他国の土に比べれば粘りがあり、混ぜ物無しに自身で固まる性質があり左官に一番向いているそうです。四季折々の風土がある日本だからこその産物かもしれません。(ちなみに流行りの珪藻土は自身では固まることが出来ず、左官材料として使うには何か補助材になるものが必要になります。)そして重要なのが「スサ」。今回は節を取り除いた特上のものだそうですが、フサフサしています。技術を支える材料にもまた、日本のものづくりの丁寧さが現れているように思いました。

以前から気になっていた左官が左官と呼ばれる由縁についても、実習前にプリントを頂き。少しだけ謎が解明。リサイクル可能な土壁は、エコロジーの代表に違いありません。土壁を使った建物をまだ設計した事はありませんが、もっと活用すべきものだと改めて感じます。

関連記事:

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です