講演会「幼児期における探求的・協同的な学び」

神戸親和女子大学で開催された第13回国際教育フォーラム「幼児期における探求的・協同的な学び〜レッジョ・エミリアとデューイ・スクールに学ぶ〜」の聴講に行きました。

保育所の設計をいくつかさせて頂けるようになったものの、実は幼児教育という世界がほとんど分かっていない。教育法的な話しはもちろん出てくるので折りに触れ関心は持つものの、なかなか踏み込めないのが正直なところ。そんなところで、今関わっている保育所(こどもなーと)の和泉先生からの誘いで今回の講演会を聴きに行ってきたところです。

レッジョ・エミリアとは、イタリアの地方都市の名前。このレッジョ・エミリア市が市予算の15%をも拠出しながら推し進めている幼児教育システムが、世界各国から注目を浴びています。
前知識だけだとアートを主体にし子供たちの可能性を引き出す幼児教育という理解でしたが、話しを聴くうちに、本質的にはそういうことではないのだと思いました。アート的な教育活動の実践はもちろん常に行われていますが、情操教育というような範疇とは別物です。アート活動はあくまで教育ツールのひとつに過ぎず、子供たちそれぞれのコミュニケーション能力を高め、協調しながらのディスカッション能力も高めるための手段として活用されているのです。
上手な絵が描けるようになるため、上手に楽器が演奏できるようになるため、と言った結果でなく過程が重要視されます。また子供自身が持つ目標を達成するために、現場の先生は共に考え、時には手を差し伸べるのです。幼児教育の現場には一見不相応な、本格的な道具も惜しみません。

今回の講演を聞きながら、以前観た、映画『ちいさな哲学者たち』を思い出しました。フランスの公立幼稚園で行われた、先生が園児達と哲学のディスカッションを2年間に渡って行う革新的な教育プログラムを追ったドキュメンタリー映画です。
方法こそ違えど、根っこのところは同じ思想のもとに行われている教育実践と感じました。お国柄の違いと言ってしまうのは安直ですが、子供たち自身から沸き起こる自立、探求、協調といった能力を引き出す過程にどちらも変わらないものと感じます。

講演なかの興味が湧いた話しのひとつに、子供たちと「カエル」に関する本を作るプロジェクトにおいて、取り掛かる前(初期?)に街の本屋さんに本が出来上がったら書店に並べてほしいと交渉を、子供たち自身にさせるという下りです。
交渉成立し子供たちのモチベーションも上がります。中学生の社会参加なら身近にも想像できるのですが、小学生に満たない園児たちにも社会との接点を躊躇なく持たせるのです。レッジョ・エミリアでは、大人も子供も隔てなく全員が社会の一員であると考える前提があるからです。
こうした取り組みが、街ぐるみに子供の教育に関心をもたせる仕掛けにも変わります。

ナニナニ教育法という括りとは一線を引くレッジョ・エミリア・アプローチはとても新鮮なものでした。
「自由とは、ディスカッションをするということ」
子供たちに、自由とは何か?。と問いかけた時の一園児の答えです。

レッジョ・エミリアから来られたお二人の先生の講演の他、近しい幼児教育をされている元カナダトロント大学付属幼稚園の園長先生の講演、こどもなーと保育園和泉先生の講演を伺いました。
どのお話も興味深く貴重な話しであっただけに、保育所設計アプローチにはもっと勉強が必要だな。。。と痛感します。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です