見学会:聴竹居|藤井厚二

猛威を振るった台風21号のあと、聴竹居へ2回目の訪問。7年前に一度来ています。今回は竹中大工道具館のイベントの抽選に当たり嫁さんと再訪しました。7年前のブログを読み返すと、今回来て感じた事とと同じような感想を綴っていました。今回もまた特に下調べもせずの訪問ですが、同行のイベント参加者が少なめであったこともあり、案内の方の解説をゆっくり聞けたことは良かったです。

改めての印象第一は、聴竹居は見かけ以上に贅をつくした建築ということです。設計者・藤井厚二の自邸としてなんと5つ目の建築。気に入った宮大工さんと建築工事を進めたとの話。甚だ羨ましいかぎり。

建物としては、空間的立体的な繋がりよりも一面的でグラフィカルな表現を強く感じます。歩きながら空間を楽しむと言うよりも、ポイントポイントから見るビジュアルを強く意識されているのでしょうか、敢えて言い換えると平面的な印象がします。
藤井氏は当時のイギリスの建築家マッキントッシュに強く影響を受けたのでは無いかと解説を頂きました。時代は違いますが、絵画で言えばモンドリアンなど幾何的な構成表現に趣向があったのだと感じます。
氏の設計図に加え、やや神経質にも見える緻密に描き込んだスケッチブックを拝見すると、建物に受けた印象をさらに納得する気がしました。

藤井氏は環境工学が専門であったことで、聴竹居は光や風を上手に取り込んだ設計により画期的なパッシブ住宅として紹介されることも多いのですが、一方で贅沢な設備設計が為されています。当時としては珍しい電気冷蔵庫を海外から輸入して調理室に設置したり、照明器具も自身の意匠によりふんだんに製作されています。子供部屋の造り付け勉強机には、子供一人一人の場所にコンセントも用意してありました。調理室の一画に、随分な大きさの分電盤が設置されていました。
当時は電気を使いすぎると近隣に呆れられていたこともあったよう。そんなわけで省エネ住宅では無いですね。と解説いだだき、見学者一行の笑いも漏れました。

現代に見ると違った側面はありますが、和洋を問わず良いと思ったことを取り入れる藤井厚二氏の思想に支えられ完成した聴竹居は、今も保存を望まれる現代住宅の原形のひとつに違いありません。今なお学ぶべきことも多くあります。
今年6月に起きた大阪府北部地震によって、外壁に亀裂が入り、当時の窓ガラス一部が割れるなど被害を受けました。保存会の方々の手によって、修復の計画も進められているそうです。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です