セミナー「鉋の切味について」

見えないものの数値化するのは難しいが、数値化しずらいものは伝えにくい。今日の午前中、鉋(かんな)の刃などを製作される鍛冶職人・石井修一氏のお話を竹中大工道具館のセミナーに聴きに行きました。

おそらく日本人は特に、数値化しずらい微妙な感覚をいろいろな言葉で伝えようとします。一番身近でちょっと嫌なところで言えば、「人に甘い」「人に辛い」とか。人に「甘い・辛い」とはなんぞ?考えてみれば、分る様で分らない。ましてや、人それぞれの感覚もあります。

今日の講演は、大工さんから鉋の切味について、「甘い」「甘切れ」「柔らかい」「硬い」と言った抽象的な感想をもらうにつれ、その評価はどのような感覚から発生するのかを突き止めようと試みた石井先生の研究成果です。鉋の刃の製作過程において、鍛冶職が鍛造と焼き入れが良好と思える甘い刃と硬い刃を、木工職はどのように受け止め評価するのか?実際に硬度の違う3種類の刃を用意し、杉や桧、楢や欅などいくつかの木を削ってもらい、どのような違いが発生するかを検証されました。

さて、細かい話はともかく、刃物なのだから硬いが良いに決まっていそうなものですが、実際の結果は柔らかい刃が、一番それぞれの木に順応する様です。特に柔らかい杉の白太は、「甘切れ」と呼ばれるどちらか言えば出来が良く無いと評価されがちな柔らかい刃でないと、仕上げられないと言う結果でした。ここで、「甘い」の「柔らかい」のと書いていますが、実際の刃先を見ても素人目にはさっぱり分りません。製作過程の温度が違うという数値が分ったとしても、軟らかい木に対して硬い鉄が相手でなのです。何が違ってそうなるのやら、本当に微妙な感覚の世界としか言えません。理解できたとしても不思議なことに変わりがありませんでした。

頂いたレジュメの中で引用されていた石井先生のお師匠のお師匠さんの文章が、とても興味深いので書き写しておきます。

 返品の中で数多い批評は「甘くて切れない」という小言である。私は剃刀の一挺一挺の硬さを計って、その数字を箱の表面に書いて置くが、随分硬いと思う品物に対しても、此の批評が附いて凱旋して来る。(中略)では何故これを甘いと云うのか。
うんと軟らかい甘切れの物を好む人と、もの凄く硬いものを好む人と、人によって違うのである。従って甘切れを好む人に、硬いものを送れば直ちに返されるし、逆に硬切れを良しとするお方に軟らかい物を送れば、お小言を食らうのは当然である。之を二人の間に入れ替えると、両方から賞賛される。
百人に一人くらいの割に、甘切れの物も、硬い物も、送った物を凡て切れると云って下さる有難い人がある。此の人達に会って話を聞くと、甘切れの剃刀は、女子に用い、硬切れのものは大髪に使うと云った具合に、髪の性質によって剃刀を使い分けると言うのである。

岩崎航介「刃物の見方 」(1969)

これを読むだけで、なんて微妙な感覚だろうか、と思います。

そして、出来上がった3種の鉋の刃先を石井先生は、また別の有名な鍛冶職人さんに観てもらった時、その方は目視だけで3種の硬さ順を並べられたそうです。なおかつ3種と別に持参した、間の硬さの刃をも順に並べられたそう。職人世界の奥深さに驚嘆します。

鉋の切味について -2008年度竹中大工道具館共同研究事業成果報告-

講師:石社 修一(三条製作所石社鍛冶屋)

刃物の切れ味は「甘切れ」、「硬い」、「辛い」等という言葉で表現されますが、一般人には分かりづらいものです。そこで、鋼種別に鉋を製作して削り試験を行い、大工の阿保昭則氏、大工道具店の土田昇氏の協力を得て、切れ味がどのように変化しているのかを調査しました。大工と鍛冶の相互理解の秘密に迫ります。

財団法人 竹中大工道具館 – Takenaka Carpentry Tools Museum

*:参考リンク

関連記事:

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です