日本民家集落博物館

日本民家集落博物館

日本民家集落博物館

たまたま新聞で見つけ住まい関連の市民講座「すまいをトーク」なるものに、月一回参加することにしました。

今日はその第1回目。「日本民家集落博物館」見学会。
大阪は服部緑地公園内なのでその昔、学校の遠足かなにかできっと来ているはずな気がするのですが、全く思い出せませんでした。
ま、ともかく、大阪の街中に全国各地の12棟の民家が点在している野外博物館です。内、3棟は国の重要文化財。その他もなんらかの文化財指定を受けています。
好天に恵まれ2時間余りの見学会にちょっと疲れましたが、民家に詳しい方の解説を聞きながら順番に見て回り、なかなか勉強になりました。大勢で廻っているので落ち着いて写真は撮れませんでしたが、またゆっくり来てみたい感じです。平日なら、一人で廻れそうなほど空いていました。存分に楽しめそうです。

1950年代まで実際に使われていた民家ばかりだそうですが、たった50年ほど前までにそこで普通に人が暮らしていたと思うと、ちょっとビックリするものもあります。解説の方が言われていましたが、中には家のほとんどが土間の竪穴式住居と言える様な民家もあり、移築後、そこに住まわれていた方の廻りには突如として電化製品に囲まれ生活は一変しているはず。どんな風に感じて今は生活をされているのか、その変わり様に興味を抱かざるを得ません。

館を後にして、現代の大阪の普通の町並みを目にしながら、さてこの将来、ここに保存移築されるような現代の民家があるものだろうか?と感じます。
見学で廻った民家は、それぞれがその土地の風土や生活慣習のなかで時間をかけて技術や様式がゆっくりと発展し、かつ完成することなく改造や改修が繰り返されて根ざして来たものであり、さらにその時間軸のなかで過去のものではありません。その時点においてまさにスタンダードだったはず。ここに移築されているものは立派なものが多いので、どちらか言えばその集落の中で上の階層の家族の住まいかもしれませんが、それでもその周辺、集落においては基準になってくるものでありそうです。

今、自分自身が関わっている住まい。ハウスメーカーによる住まい。さまざまなスタイルの住まいがあるにしても、本質的に風土や環境、生活習慣をベースになったこれらの民家の延長にあるような気がしません。そうあるべきと考える訳でも、それを嘆くものでもありませんが、世界を見渡しても稀に見る四季折々の環境があるこの国に住んでいながら、今の住まい環境は何かを置き忘れたような勿体ない気がしました。
それが何か、答えが見いだせた訳ではありませんが、しばらくこの勉強会を続けて、ひとつぐらい真っ当な意見が言える様にしたいものです。

関連記事:

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です