すまいをトーク「木造住宅の構造入門・耐震診断」〜耐震診断に思うこと〜

構造金物

構造金物

昨晩は、すまいをトークで「木造住宅の構造入門・耐震診断」というテーマの座学を聴きに行きました。

講義の内容とは話がずれますが、他の設計事務所(もしくは施工業者)が設計または建設した住宅を診断するというのは、個人的には正直躊躇します。昔、一度だけ建売住宅の構造が適正かどうか診て欲しいと頼まれたことがあります。知人の話で断れずに行った訳ですが、一見すると正直怪しい。大阪の街中にはありがちですが、間口が狭く奥に深い住宅でした。耐力壁をしっかり取ろうとすれば、窓が小さくなり法的に必要な採光が取れなかったのでしょう。そんな住宅が並んでいました。見に行かせてもらった一軒でなく、その連なり並ぶ住宅の住民が皆不信感を抱いていたのです。事務所に帰って耐力壁の具合を念のため確認すれど、間違いなく確保できているる筈も無く。そのまま伝えるしかありませんでした。自分が設計した訳でもないですが、なんとなく気まずい。正すべき事は伝えるべきでしょうが、他の方の設計(施工)にケチをつけるようなもの。なので、そうした話は正直敬遠してしまいます。しかもまだ経験の浅い時期でしたから、自身の判断をどこまで伝えるべきかさえも悩んでしまいます。

講座はもちろんそんな話ではありません。一般的な木構造の話から、構造的な法規制前の住宅における耐震補強についての行政の取り組みや制度、耐震診断ソフトの実演など、短い時間の中でそれらの概要をお話されました。中でも耐震ソフトでのシュミレーションはヴァーチャルな感覚と言え説得力がありました。仕事柄、やはり興味を惹かれます。

経験の浅い私でも、木造は構造的に一番判断のしにくいものである事だけはよくよく感じています。シュミレーションは数値的にソフトが判断し崩落の様子を再現してくれるのですが、それが全てでないとも思えます。それを覆す必要はもちろんないのですが、自分の考えの中で構造の安全を判断するのはまだまだ遠い道のりがあるように思えてなりません。木構造は古来から継承され発展してきたものです。現代的な鉄骨構造やコンクリート構造と違い、今もって確立した構造理論はあるようでないと言えます。金物でがんじがらめにされる今の法規制はその過程にあるのかもしれませんが、それだけ木構造は複雑で奥の深いものです。これだけは、ただただ、経験を積み勉強するしか無いのでしょうね。精進です。

ところで、ブログで書いた「すまいをトーク」のいくつか記事が会のレジュメに挟まれて配布されました。後で読み返してみると乱筆乱文やら、語尾がおかしいやら、お恥ずかしい。推敲もそこそこに載せてしまっていますので、会に来られて真面目に読まれた方には申し訳ないばかり。お許し下さい。文章もまた、ただただ精進が必要です。

関連記事:

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です