清水末商店【木彫看板】

清水末商店

清水末商店

京都寺町通は昔からの京都らしいお店が並んでいる一画でもあり、昔からの木彫看板を幾つか見つける事が出来ます。その寺町通 を御池通の交差点から少し北へ行くと、京都でも2軒しかないという木彫看板屋さんのひとつ、「清水末商店」があります。

系譜は残っていないので、いつ頃からのお店なのか分かりませんが、記録のある限りは慶応元年。当時の薬の吊り下げ看板が多く残っている様です。現在は四代目当主の清水國雄さんが息子さんと2人でお店を支えています。清水さんは職人の貫禄を、温厚そうな人柄のなかに感じさせるような方です。

四代目当主の清水國雄さん

四代目当主の清水國雄さん

愛用の小刀は島根のヤスケ製

愛用の小刀は島根のヤスケ製

看板の材料は、主に欅(ケヤキ)や栓(セン)。目が素直で銘木とされるような木目の美しい北海道産の材料を、自ら厳選し買い付けるのだそうです。材料の買い付けから始まり、場合によれば自ら書も書き、木を彫り、着色し、漆を塗ったり、金箔を貼ったりとさまざまな工程を重ねて、一つの看板が完成します。
ですので、決して安請け合いをされません。常に納得のいく品を完成させることに専念し、他の類似した看板とは比べられない持ちの良さを信条とされています。時間が経てば、「時代を感じさせる」看板作りなのです。
しかし、「うちの看板は高いのです。本物の良さを分かって頂ける方にしか、なかなか買って頂けません」と説明される清水さんの奥さんは、ここへ嫁いだ時におばあさんから「うちは木をかじって生きてるねん」と言われたそうです。職人堅気の清水さんは一切の営業をせず、台所を取り仕切る奥さんはヤキモキされるのも仕方ありません。

先に書いたように、看板屋さんは多種多様な技術を身につけておかなければなりません。寺社に掛るような額付きの看板も全て製作されます。大工仕事から始まり、彫刻や漆、金箔など、一人で全てをこなさなければならない時もあります。10年では一人前になれないのだそうです。
清水さんの製作される看板は、一枚の板を掘込みながら作られるのですが、文字の底面 が柔らかく膨らんでいます。写真では平坦なものに見えますが、実物を見ると浮き出た様な立体感を感じさせます。これを紙やすりなど一切使わず、小刀で仕上げるのです。
また、書の勢いを殺してはならず、自らも書をたしなめておかなければなりません。かすりの具合や運筆を分かっていなければ、彫る事が出来ないのです。

何気に彫られているようで、いざ材料を持たせて頂くと、ずっしりと重く、堅い材料を使われていることがよく分かります。しかし、それを毎日彫り続ける清水さんの手は柔らかく、マメがありません。熟達した技は、余分な力を一切使わずにいられるのでしょうか。ただ現在では、さすがに筆に持ち替える事は出来なくなったそうです。

こちらで、6万円也

こちらで、6万円也

和紙に文字の型を残しています

和紙に文字の型を残しています

「和」と書かれた円形の額は、玄関や和室、洋室どこにでも掛ける事が出来るように、とオリジナルで製作されているものです。文字は書家さんに書いて頂いた物だそうですが、製作に延べ2週間ほどかかっています。大きいものになると、2ヶ月、3ヶ月はザラのようです。
家の表札はヒノキ材を使いますが、手頃な値段で製作して頂けます。小さい文字では清水さんの技は生きて来ないのが残念ですが、折角の家の顔、京の伝統工芸職人の手業による表札を揃えられてみてはいかがでしょうか。
知っていれば自宅の表札を作ってもらうのでした。

こちらは昔々の看板

こちらは昔々の看板


【案内】
清水末商店
京都市中京区寺町二条下ル
電話:075-231-4838

【参考サイト】
京を語る(情報誌・京都)」より

関連記事:

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です