フジタカヌー研究所【カヌー】

フジタカヌー研究所

フジタカヌー研究所

JR大和路線加茂駅からさらに関西本線に乗り換えひと駅。木津川のほとりにある笠置(かさぎ)駅で降ります。そこから車で5~6分弱ほどでしょうか。川からは500メートルほど離れた山裾に「株式会社フジタカヌー研究所」があります。川のそばに無いのは、川の氾濫に備えての事だそうです。

この日は午後からの工房見学ですが、折角なので、午前中は半日のカヌー教室に参加しました。基本的なパドル(櫂・水かき)の操作方法と準備運動を少し、流れの穏やかな場所で初めてのカヌー体験です。午後まで参加すれば川下りも体験できるのだそう。
勢い勇んで川面に出ました。水面が近く、普通にのるボートに比べると自然との一体感があります。滑り出すように漕ぎ進め、面 白くなると少し流れのある所に向わんと調子に乗り始めます。
カヌーよろしく流れに乗ってみたいと上流に向って行きますが、そうそう思うようにも行けません。ようやく流れのある場所に辿り着き、さあ行くぞ、その時にカヌーが横滑り、おやっと思うが早いかヒックリ返って転覆してしまいました。
ライフジャケットを着ているので慌てる事も無く泳げますが、すかさず来てもらえた指導員の方に無事救出されるのでした。ずぶぬ れになり岩の上に立ち、流れたカヌーを指導員の方が引っ張って来てもらえたところで、丁度午前のカヌー教室はお開きとなりました。お騒がせしました。

出来立てのカヌー

出来立てのカヌー

フレームの切り抜き台 白線に見えるのはルーターの通るラインです

フレームの切り抜き台
白線に見えるのはルーターの通るラインです

食事をしてから、さっそく工房見学です。
株式会社フジタカヌー研究所」は日本で唯一、船舶理論に基づいてカヌーを製作している工房です。日本におけるファルトボート(折り畳みカヌー)の普及第一人者だった京都大学の高木公三郎教授と親交のあった藤田清社長さんが、戦後まもなくカヌー製作を始めたのがきっかけになります。もともと物作りが好きな社長さんがタカをくくってカヌー製作をはじめてみると、満足いくものに辿り着くまで10年を要し、その奥の深さにのめり込んでしまったのだそう。
それにもまして舟という道具である以上に、スポーツ用具のように身体の一部となるカヌーは、知識と経験で無限大の楽しみがあると熱く語られます。家族連れでドライブをする乗用車も、過酷なラリーに参加する性能を持つ。穏やかな湖面 を家族と楽しむ事も、急流を下る冒険も楽しめるそんな巾の広さが一番の魅力と言われます。

藤田社長考案の塗装システム

藤田社長考案の塗装システム

フレームの組み立てす

フレームの組み立てす

そんな社長さんですから、「日本の川」にあったカヌー作りに余念は無く、船舶理論はもとより、持ち運び、組み立て共に日本人にあった「使いやすいカヌー」を追求されています。
素材研究には興味深い内容が次々話に出されました。耐食アルミの研究では、当時民間では知られていなかった金属の組み合わせをいち早く知り、視察にきたとある企業には軍需関係の仕事をしているのかと勘違いされたと言う逸話やら、尽きることがありません。ですから、何気に拡げられているものが世界トップレベルの技術に裏打ちされたものばかりなのです。
その他にも、特殊な完全防水合板やら、厚さ4~5センチ21層にも及ぶ自主開発の積層合板やら、防弾チョッキにも使う繊維を織り込んだ船体布やら、グラスファイバーのフレームなどなどいろいろです。

最盛期には月産850艇にもなった事もあるのだそう。今はそれ程の生産量 はありませんが、その頃の技術を持ってよりスムーズな顧客対応ができるよう今も生かされています。
何よりも、語りはじめると留まる事を知らない社長さんの情熱がとても印象に残る訪問でした。

ゴンドラに吊り下げられた出荷前のカヌー

ゴンドラに吊り下げられた出荷前のカヌー

国産第1号(1947)のファルトボート

国産第1号(1947)のファルトボート


【案内】
株式会社フジタカヌー研究所
京都府相楽郡笠置町佐田45 電話:0743-95-2507

【参考サイト】
日本カヌー普及協会(J.C.P.A.)
FOLDING CRAFT

【カヌースクール】
開催時期は、3月春分の日から11月末までの土・日・祝日。5名以上なら、期間外でも可能だそうです。
詳しくは株式会社フジタカヌー研究所まで。Let’s TRY!

関連記事:

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です