高橋提灯【京提灯】

表にはいろいろな提灯

表にはいろいろな提灯

京都の地下鉄東西線・小野駅から徒歩で10分ほど。京提灯の工房・高橋提灯株式会社があります。 社長の高橋康二さんに工房を案内して頂きながら、京提灯についていろいろお話を伺いました。

提灯は大きく分けると、骨組みの違う2つの作り方があります。
ひとつは「平骨」と呼ばれる京提灯。五ミリほどの幅の割り竹を一本一本輪にして水平に重ねてあり、少し武骨な感じがします。
もうひとつは岐阜や名古屋の「巻骨」と言い、細い竹ひごがぐるぐるとらせん状になっています。上から見ると渦巻き状で、イサムノグチの提灯型照明の骨組みがこれに当たり、繊細な感じです。
提灯にイメージしていたのはどちらか言えば「巻骨」の方だったのですが、この違いはそれぞれの使われ方に由縁があるようです。「巻骨」の方は、お盆などに使われる「盆提灯」が代表で、祭事などに装飾として使われますが、「平骨」の京提灯はむしろ日常的な実用提灯のため丈夫な作りになっているのだそう。写 真を見てもらうと分かりますが、頑丈そうですね。

紙貼りの様子

紙貼りの様子

文字書きをする社長さん

文字書きをする社長さん

そして何よりも、全工程を一ケ所の工房で行っているのは全国でもあまり無いそうです。提灯屋さんと呼ばれるところのほとんどは、最終工程の文字書き・絵付のみの工房で、「白張り」と呼ばれる無地の提灯を作る工場と分業になっています。此処、高橋提灯さんは、昔ながらの手作業で全てを制作する京提灯の工房なのだそう。
工程のなかでも興味深げだったのは、紙張りを終えた提灯の中から、提灯の型を抜く様子。放射状に組み合わせた弓型の木の板をうまい具合にすぼまった提灯の口から抜き取ります。思わず感心してしまいました。

体験で描かせてもらった提灯

体験で描かせてもらった提灯

ところで、おそらく誰もが知っている高橋提灯さんの作品があります。東京浅草寺の雷門大提灯がそれ。この提灯も大きいですが、愛知県幡豆郡一色町「一色学びの館」にある間濱組の大提灯レプリカは高さがなんと10Mもあるのだそう。日本一です。

しかし、台湾や中国に生産の場をほぼ譲ってしまった現状に対し、社長さんは「実用的な提灯は100%国産を目指したい」と話されています。これからも日本の夜を、ここで作られた提灯で暖かくいつまでも灯して欲しいです。


【案内】
高橋提灯株式会社
本店:京都市下京区柳馬場綾小路南
TEL:075-351-1768
工場:京都市山科区勧修寺北出町4-1
TEL:075-501-2929

【参考サイト】
ゆかし、京|京提灯・高橋提灯
(読売新聞ホームページの特集記事)

関連記事:

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です