AtoZ Top(概要)はじめに住を考える土地設計監理設計契約施工業者費用参考

  • 住まいづくり|関西の建築家設計事務所の具体的な仕事について
    • 事前調査・事前計画 > 基本設計
    • 実施設計 > 申請業務・見積調整
    • 工事監理・検査立会・完了まで
    • 引渡・アフターケア

設計事務所の具体的な仕事について

事前調査・事前計画(ラフプラン)

なんらかお仕事のお話を頂いたら、まずはご依頼者と顔合わせとなります。ここで、我々の設計に対する姿勢などをお聞きいただいたり、現在までの作品をポートフォリオ等で御覧にいれます。興味を持っていただいたり、事務所の方針に御賛同いただければ、プレゼンテーションへ向けて業務をはじめます。想定された御要望を伺った上で、敷地や予算等の要件が決まっていれば、計画地に関する事前調査を行いつつまずは「タタキ台」の立案を行います。また、計画に関する予算の大枠を提示することもあります。

敷地が確定していなければ、必要に応じて、土地探しのお手伝いも行います。

基本的にここまでの段階では費用は発生いたしません。
但し、業務が長引く可能性がある場合、仮契約として手付け金をお願いする場合もあります。

基本設計

最初の提案では、基本的にはタタキ台の様なものです。はじめから案を決める必要は一切ありません。「タタキ台」を肴に、気になるところや、希望などをさらに話し合います。その内容を持ち帰り、さらにアイデアを練り直し、再び御提案いたします。立案は通 例2~3度くり返します。平面図、立面図、断面図、他必要と思われる資料や模型を提示させていただきます。

プレゼンテーションをくり返す間に、ご依頼者もイメージが膨らみ、家に対する考えや、部分部分の必要不必要を明解にしてゆくことができます。

通常2度のプレゼンテーションの後に仮契約、基本計画終了または計画の完成とは別 に設計業務を私達にお任せ頂けるならば設計の契約をお願いします。

 

<主な業務> (事前と重なる部分もあります。)
敷地購入の助言 購入予定の敷地にどのような建物や生活が可能か助言します。
敷地調査 法律的なこと、環境、建物のな可能性、土地問題や道路問題、地盤調査の助言などをし、基本設計に反映します。*:地盤調査、敷地測量の費用は別途。
条件の把握 依頼主の希望や条件を整理し、優先順位なども含め住まいづくりの方向を考えて行きます。
法令等チェック 建物の法規等チェック
依頼主との打合せ 工法や仕上げ、キッチン、設備まで色々と打合せして決めます。ショールームに同行。(実施設計の間も同じです。)
コスト・コントロール 希望が膨らみがちな計画を、適正な工事費に向かう様に助言します。
+
<主な提出物>
基本設計図 平面図、立面図、断面図、主な仕上表、主な設備表
模型/パース /100、1/50などの大きさでつくります。3Dやスケッチの場合もあります。
提案書 案のコンセプト、敷地、地盤、依頼主の条件に適した工法、技術の選択提案
概算予算書 基本設計の概算見積り
日程予想表 完成までの日程の説明書

実施設計

納得頂ける基本プランが完成したならばこれを基本計画の完了とします。その後、工事見積もりや工事そのものに必要な実施設計の段階となります。これに平行し、申請業務を開始します。実施計画期間は住宅の場合、規模にもよりますがおよそ1~3ヶ月必要となります。また、この段階でも詳細な部分についてさらに具体的に打ち合わせを行います。

実際に設計に反映するときの技術的な検討などを行い、他の部分との調整を行う。

<主な業務>
技術提案、検討
工事業者決定の選定 技術力、信頼性などから、適切な工務店の選定を助言します。
実施図面の説明 依頼主に図面の内容の説明をします。
+
<主な提出物>
実施図 詳細な仕様書、平面図、断面図、室内の展開図、建具の図面、構造の図面、設備の図面、A3約30ー50枚程度になります。
その他の書類 道路の調整などに必要な図面の作成。*:土地の造成等は別途になります。

申請業務・見積調整

実施計画が完了したら、施行業者を選定し、図面 に従い見積もりを依頼します。およそ2~3週間後、見積もりが提出され、希望予算との比較検討/内容確認/金額調整を行います。建築確認申請や住宅金融公庫の申請等の手続きが完了し、見積もり金額も納得がいける状態に落ち着いたら工事契約となり、着工とともに私達の業務は工事監理 へと移行します。

<主な業務>
コスト調整 大切なのは、バランス良く調整することです。
見積調整、説明、交渉 工務店の見積りが適正か、図面をしっかり読み込んでいるか検討し、説明し交渉もします。
工事業者決定の助言 金額、技術力、信頼性などから、もっとも適切な工務店を助言します。
契約立会い 工事契約の助言、立会いをします。
確認申請業務 確認申請の書類をつくり申請をします。(依頼主の代理)
日程調整 工事以降の日程を調整します。地鎮祭や、完成までの日程をチェックします。
+
<主な提出物>
確認申請図書 確認申請に必要な書類や図面の作成、役所等に提出の後、依頼主に渡ります。
その他の書類 公庫や、銀行の調整などに必要な図面の作成。
見積調整書 工務店の提出した見積書の比較、検討、減額案などを作成します。

工事監理・検査立会・完了まで

工事中は、工事が滞りなく進行するように先んじて必要な図面 を作成し、工事に不備がないか監理を行います。工事の内容や場所にもよりますが、週に1~2度は現場に赴くようにしています。また進行状況にあわせ、材料や器機の最終的な選別 と確認を行います。必要に応じて施主さんにもご確認して頂きます。 また公的機関の検査等があれば 必要に応じ、その準備や立ち会いを行います。

<主な業務>
設計意図の説明 施工者に設計の意図を伝える
工事計画、技術のチェック 工事の技術的な問題などの検討
工程表、施工図チェック 工事の流れ(工程表)、工事に必要な図面のチェック
工事図面作成 設計意図を伝えるための詳細図等の作成
現場監理 工事現場に出向き、図面と実際の工事をチェックする(監理報告書)
未定部分の決定助言 色などで未定の部分について、現場の環境で決める
支払いの助言 工務店への支払いのタイミングの助言。(工事進捗表)
中間検査申請、立会い 役所等の中間検査を受けます(規模や地域により不要の建物もあります)
完了検査申請、立会い 役所等の完了検査を受けます
竣工検査 施主、施工者と、工事の最終的な確認をします
引渡しの立会い 器具の使い方、保証書、引渡し証などの受け渡しの立会いをします。
+
<主な提出物>
監理報告書 現場での監理の結果を報告します(写真含む)
工事進捗表 工事の進み具合を報告し、支払い等のチェックにも使います
家具等の詳細図 造り付け家具は、現場での実感も大切です。図面と現場で説明検討します。
中間検査関係 中間検査の書類(依頼主の代理)
完了検査関係 完了検査の書類(依頼主の代理)

引渡・アフターケア

こうして、建物の完成し無事引き渡しが出来るまでおつき合いを続けるわけです。 可能な場合は竣工写真の撮影をお願いする事もあります。

1年後の検査 水まわり、建具等、季節が一回りした時点で検査を工務店とします。
維持管理への助言 そのつど、住まいの維持に関する助言をします。植栽、家具、塗装など色々
家具やカーテンの購入のアドバイスもします。
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on Pinterest