All posts filed under ‘ものつくりノート

セミナー「墨壺のかたち」

墨壺〜スミツボ〜と言えば、大工さんが材木に線を引くための道具ですが、墨の入ったもっこり太っちょおたまの様な独特な形に、柄の所には糸車のついたもの。中には、精巧な彫り物が施されて黒々とした鈍い光沢の質感を主張しながら、倒か […]

見学会「三木の鍛治場を巡る」

先日、竹中大工道具館主催の見学会「三木の鍛冶場を巡る」に参加してきました。限定20名とあって、まず無理だろうと思ってスッカリ忘れていたところ、なんと当選。意気揚々と貴重な社会見学に行ってきたところです。 訪問先は三件。鉋 […]

セミナー「庖丁の守りと研ぎ方」

昨日は恒例の竹中大工道具館のセミナーへ。「庖丁の守りと研ぎ方」というタイトルで、まさしく包丁のお手入れと研ぎ方を教わった。講師の庖丁コーディネーター・廣瀬康二さんは、大学でも講義をされたりメディアでも紹介される「庖丁を通 […]

セミナー 鉋鍛冶「神田規久夫」

「鉋-かんな-鍛冶「も作」銘・神田規久夫の記録 午前中に服部商店さんの工場を離れ、竹中大工道具館「心と技のセミナー」に向かいました。鉋鍛冶の石社修一氏の講演で「現代鍛冶技法の保存調査報告その1「鉋鍛冶「も作」銘・神田規久 […]