All posts filed under ‘ものつくりノート

展覧会「数寄屋大工」

しばらく前の事になりますが、竹中大工道具館で開催されていた「数寄屋大工」展と同時開催されていたセミナーに行きました。 展示されていた実物大の茶室構造模型はさすがに迫力があり、外から観るだけでなく内部にも入れるので、ふ〜む […]

セミナー「規矩術入門」

昨日、竹中大工道具館のセミナーで「基礎から学ぶ規矩術 入門編」となる講座を聴きに行きました。規矩術、広義では建築全体に及んだ設計術のような話ですが、狭義で行けば曲尺(サシガネ)を使った墨付け(加工上の線引き)の技術を言い […]

セミナー「初期木割書の世界」

先週の土曜日に久しぶり、竹中大工道具館の技と心セミナーに行ってきました。「初期木割書の世界〜中世の建築設計技術を探る〜」と題された道具館の学芸員さんによる講演です。木割書とはなんぞ?分かりやすく言ってしまえば、建築技術書 […]

セミナー「ヨーロッパ大工の技」

先週末、竹中大工道具館で催された特別セミナー「ヨーロッパ大工の技」を聴きに行きました。講師はドイツの木工職人ヘンリヒセンさんという方で、日本での修復工事を行った経験もあるだけあって、流暢な日本語で冗談を交えた講義はとても […]

セミナー「古代東アジアの木塔」

ホント倒れそうなくらい暑い日が続きますね。駅前でイチローも水浴びさせてもらって気持ち良さそう。 久しぶりに竹中大工道具館のセミナーを聴きに行きました。日本や韓国・朝鮮、中国の塔のお話。演台の箱崎先生が、この話は「話すのが […]

セミナー「鉋の切味について」

見えないものの数値化するのは難しいが、数値化しずらいものは伝えにくい。今日の午前中、鉋(かんな)の刃などを製作される鍛冶職人・石井修一氏のお話を竹中大工道具館のセミナーに聴きに行きました。 おそらく日本人は特に、数値化し […]

お茶会へのお誘い

先月のすまいをトークでは、裏千家教授・宮崎宗和先生にお茶会のお話を伺いました。日本の建築も好きですから、おのずと茶道という世界はどことなく気にはなっていたものの、実のところ全く分かっていません。高校時代にも大学時代にも茶 […]