AZUMA-FOTO


奈良の幹線道路の交差点に立地する写真館兼住宅です。
付近はショッピングセンターなども有り、計画地の前面道路は車が絶えることがありません。しかし道路から少し入れば昔ながらの農家と新興の住宅地が混在する風景が広がっています。


施主さんの依頼の目的は、写真館ブームも相まって新興住宅地付近に写真館が乱立したため、なによりも他との差別化を図りたいと言うものでした。旧店舗はこの付近では古くからあり、地域に根ざした写真館として親しまれてきましたが、スタジオ設備は昨今の状況では小さいものになってしまいました。学校写真など出張撮影が営業の多くを占めていましたが、将来はスタジオ撮影を中心にした写真館として地域に根ざしたい。と言う願いから、理想とする写真館の建設を目指しました。もちろん理想の住まいも合わせてです。

店舗の有り方や使い勝手、店舗と住宅の関係、住居の動線など特に機能面について、相談当初から整理されたイメージを持たれ、先ずはそれを具体的なプランへと落とし込む作業から始まりました。完成した建物の外観は黒に塗った杉板とシルバー色の素地のガルバリウム鋼板、カメラや暗室など写真にまつわる機材や雰囲気からイメージしています。ここから色鮮やかな写真が生まれて来るのです。

《 店舗部 》
交差点に面する建物の外観は、特に夜景になると浮いているかの様にも見えます。もしくは連なるフィルムのようです。外からは少しかがまないと見えませんが、興味をそそられます。
単なるスタジオ内の撮影だけに留まらず、店内のいろいろな場所が撮影の背景となるような内部空間を要望されました。スタジオから続く外庭も撮影の背景になります。全体のイメージを崩さないように注意しながら、素材も変え、いろいろなシチュエーション作りに配慮しています。
スタジオは一般的に暗く閉鎖的にする事が多いのですが、ここでは自然光を有効に使えるスタジオを目指しました。北向きの大きな窓から安定した光が入ってきます。竣工後の何も無い時は写真のスタジオと言うよりも、絵画のアトリエの様にも感じました。スクリーンやライト、カメラが入ると、いつでもスタンバイされたスタジオに一変したのが不思議です。

21:リビング
《 住居部 》
住居の入り口は建物裏からひっそりと。通路のような玄関を抜け階段を上がると、2階に横たわるリビングへ出ます。そのまま寝室(和室)へ繋がりタテに長い印象があります。店舗やスタジオとも違った、どちらか言えばナチュラルな柔らかい雰囲気です。リビングの大きな掃き出し窓は道路に向けていますが、手摺を兼ねた腰高さの棚がバーカウンターのようと、大好きな猫と一緒に楽しんでもらっています。

余談になりますが、スタジオ最初の撮影はこの工事にかかわってくれた電気屋さん家族です。子供たちの笑顔が本当に愛らしく写っていました。記念写真は、AZUMA-FOTO がオススメです。

建築概要
 【 敷地概要 】
 ・場所:奈良県北葛城郡
 ・敷地面積:316.29 ㎡
 ・用途地域:市街化区域 準工業地域 建蔽率60%・容積率200% 防火地域指定無し(法22条指定地域)
 ・前面道路幅員:(南)15.90 m
 【 工事概要 】
 ・工事種別:新築(住宅併用店舗)
 ・建築面積:140.89 ㎡
 ・延べ床面積:215.48 ㎡(住宅の部分:91.93㎡)
 ・構造/規模:木造 地上2階
 ・最高の高さ:6.42 m
 ・構造仕様:木造軸組工法
 ・基礎仕様:鉄筋コンクリート造ベタ基礎
 【 主な仕上 】
 ・屋根:塗装ガルバリウム鋼板瓦棒葺き
 ・外壁:スギ板貼り木材保護着色剤・素地ガルバリウム鋼板角波板
 ・店舗内装:
 床/長尺塩ビシート・(スタジオ)ブラックチークフローリング
 壁/ビニールクロス・(スタジオ)シラス左官壁
 天井/EP
 ・住宅内装:
 床/構造用合板ワックス・タタミ
 壁/ビニールクロス
 天井/ビニールクロス
 【 設計/施工 】
 ・設計:庄司洋建築設計事務所(担当:庄司洋)
 ・施工:伊藤嘉材木店(担当:妹尾)
 ・家具:カリエラ
 ・外構:中川農園
 ・看板:エヌズクラフト
 ・ロゴタイプ:P_kan
 ・キャラクター:群青亜鉛

Photo:絹巻豊

関連記事:

    None Found

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on Pinterest

More Projects