KAKInoIE


奈良市郊外の住宅街に建つ住まいです。
周囲は少し古い住宅が建ち並び、ご近所付き合いがしっかりありそうな落ち着いた住環境です。


施主さんの最大の要望は「お酒がおいしく飲める住まい」。土地探しの段階からご相談に来られ、廻り巡って落ち着いた土地は、初期の頃に見送った土地。千鳥足で辿り着いたのでしょうか。計画が始まりいくつかのプレゼン案の中から、この案に辿り着きましたが始めの見積は予算を遥かに越え、ほろ酔い気分の施主さんをスッカリ覚まさせてしまったかも知れません。

山あり谷ありの末、カキノイエが完成しました。


カキノイエは、中庭を囲みながら南に向かってコの字型に開いています。かつ開いた南側は隣地の擁壁があるため、四方を囲まれた中庭の様にも感じられます。
三角形になった特徴的な外観は、南に向かって屋根の高さを下げる事で中庭により採光を得ようとしつつ、吹き抜けのあるリビングをつくり出そうとした結果です。天井の一番低い所なら、背の高い施主さんは頭が届きそうなぐらい。そこからグンと天井が北に向かって伸び上がり、とてもダイナミックに見えます。さらにトップライトのある階段を上り、2階子供部屋の小窓から眺めるリビングも壮観です。

KakinoIsu by field

キッチンは料理好きな施主さんのこだわり。カウンターは奥行き80センチと広めです。その巾のままダイニングのテーブルに繋がるので、とても大きなキッチンに感じます。
天井を低く抑えた厨房からこだわりシェフが、客の様子をうかがい次の料理を盛りつける。打合せの際に、施主さんから度々手料理を出して頂きました。料理をテーブルに運んでくる様子、おいしい料理を口に弾む会話。そうした時間の流れを楽しまれる施主さんの様子が、キッチンとダイニング、そしてリビングに続くイメージに重なっています。

最後の最後まで天井の仕上を二転三転させ、監督兼任の若い工務店社長にも、こだわり一杯の棟梁にも、随分ワガママを聞いてもらいました。素敵な住まいがまたひとつ完成出来た事を感謝します。

そして後日、友人の古田氏制作のオリジナルチェア「カキノイス」がダイニングになごみを添えてくれました。
敷地角の柿ノ木は、家が建つ前も、家が建った後も、同じ場所に立っています。施主さんは、干し柿づくりに今も余念がありません。

カキノイエのマークは、柿の実を横にしたイメージと、家の姿を見上げたシルエットを重ねながら描いています。

建築概要
 【 敷地概要 】
 ・場所   :奈良県奈良市
 ・敷地面積 :210.83 ㎡
 ・用途地域 :市街化区域 第1種低層住居専用地域 建蔽率40%・容積率60% 外壁後退 1.0 m 高さの限度 10 m 防火指定なし(法22条指定地域)
 ・前面道路幅員:(北)約 4.5 m (東)約 6.0 m
 【 工事概要 】
 ・工事種別  :新築
 ・建築面積  :82.20 ㎡
 ・延べ床面積 : 103.05 ㎡(住宅の部分:同じ)
 ・構造/規模 :木造 地上2階
 ・最高の高さ :6.50 m
 ・構造仕様  :木造軸組工法
 ・基礎仕様  :鉄筋コンクリート造ベタ基礎
 【 主な仕上 】
 ・屋根: コロニアル葺き
 ・外壁: 塗装ガルバリウム鋼板角波板・一部コロニアル葺き
 ・内装: 床 / 焼き加工パインフローリング・コルクタイル
 壁 / 珪藻土クロス
 天井/ 南洋桜突板ベニヤワックス・珪藻土クロス
 【 設計/施工 】
 ・設計:庄司洋建築設計事務所(担当:庄司洋)
 ・施工:有限会社ピースファクトリー(担当:伊藤)
 ・木製家具:カリエラ ・ダイニングチェア:field

Photo:庄司洋建築設計事務所

【 掲載等 】
KAKInoIE」工事記録のブログ
「 カキノイス 」宮崎椅子製作所HP

関連記事:

    None Found

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on Pinterest

More Projects