Shogakubo-kodomoen +

正覚坊こども園

正覚坊こども園 増築部側全景

3歳児保育室(増築部)

3歳児保育室(増築部)

増築部外観

増築部外観

4歳児室(既存部からの様子)

4歳児室(既存部からの様子)

0歳児保育室(増築部)

正覚坊こども園

正覚坊こども園(増築)

平成11年に建てられた保育所園舎を、こども園移行に伴う床面積拡充のために行った増築計画です。写真のみで一見すると分かりづらいですが、緑色の瓦屋根が覆う下部は既設の部分です。
今回南に面する芝生の庭側へ約3メートルほど張り出しました。

増築部分はフラットにほぼ近い金属屋根としましたので出来あがってみると、外観では増築している事がわからないぐらい。少し離れてみると既設の緑色の屋根と一体化して見えてしまいます。
増築すればそれだけ奥深い部屋になり、部屋の明るさが気になるところですが、今回の増築ではほぼ全面近くをガラス面で覆いました。立派なサンルームと言った感じです。採光面では、奥まった既設の部屋も以前よりも明るくなりました。

部屋の増床以外には、既設の外廊下の一部を内部に取り込んだり、トイレの改修も行いました。また、外廊下には靴脱ぎ用のポーチ屋根を新たに用意したり、園庭の隅に物置小屋を別棟で建てました。

2歳児室

2歳児室(既設部の改修)

0、1歳児トイレ

0、1歳児トイレ(増築部分に新設)

沓脱ポーチ

Rの屋根が新設の沓脱ポーチ

建築概要
 【 敷地概要 】
 ・場所 :兵庫県加東市
 ・敷地面積 :3320 ㎡
 ・用途地域 :市街化調整区域 用途地域指定なし
 建蔽率60%・容積率200%
 ・前面道路幅員:(西)4.4 m
 【 工事概要 】
 ・工事種別 :増築(旧園舎一部撤去)
 ・建築面積 :975.59 ㎡(主屋全体)
 ・延べ床面積:968.92 ㎡(主屋全体)
 ・構造/規模:鉄骨造 地上1階
 ・最高の高さ:9.70 m(既設部)
 ・構造仕様 :鉄骨造
 ・基礎仕様 :鉄筋コンクリート造ベタ基礎(増築部)
 【 主な仕上 】
 ・屋根 :洋瓦葺き
 ・外壁 :窯業系サイディング
 ・内装 :床/厚単板複合フローリング 壁/PB下地ビニールクロス、腰壁化粧ケイカル板 天井/岩綿吸音板
 【 設計/施工 】
 ・設計 :庄司洋建築設計事務所(担当:庄司洋)
 ・施工 :前川建設株式会社(担当:久後秀樹・岡本寛也)

Photo:カメラ 吉村規子

関連記事:

    None Found

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on Pinterest

More Projects