WAON

WAON * 兵庫県西宮市の住まい | 庄司洋建築設計事務所
この住宅は、少し山手に登った中腹の住宅地の中に建っています。
敷地は盛り土の造成により平坦に見えましたが敷地の2方は石積み擁壁を挟んで高低差があり、やや不安の残る敷地形状になっていました。施主様から頂いていたスキップフロアの要望を踏まえ、不安の残る擁壁側で建物を安定する地盤まで沈めつつ半地下を含める2層の木造住宅としています。
敷地は二方道路の様に見えますが、一方は敷地扱いになっています。そのため一見すると建蔽率オーバーな印象を受けますが、数値的には余裕を残した計画となっています。

WAON * 兵庫県西宮市の住まい | 庄司洋建築設計事務所
施主様の始めのコンタクトはほとんど忘れかけていたぐらい前のことでした。
何の縁があったのか、改めて土地探しの段階からご相談を受けることになりました。土地が決まり、計画が始まった段階ですでに要望となるキーワードはどちらか云えば具体的になっていたと思います。ワンフロア的な住まい、スキップフロア、高い天井、陰影のある光、統一した内外装、流行りっぽく無いデザイン。ロックやテクノ系の音楽を趣味とされ、倉庫的でクラブハウスの様な住まいを計画の軸として進めています。

WAON * 兵庫県西宮市の住まい | 庄司洋建築設計事務所

やや平行四辺形的ににひずんだ小さな敷地にそのまま建物平面をあてがい、単純な家型を建ち上げる事で自然に歪みを持ち、視覚的に変化のある立体となっています。長方形断面の柱を並べ、家型を組む登り梁と架構の連続感を内装に残す様にしています。スキップした床がロフトまで順に並び、部屋を区切る間仕切りは基本的にありません。唯一浴室を区切るガラスの扉があるだけとなった大空間です。半地下になった寝室から階段吹き抜けを見上げればほぼ3層分の高さがあります。その向こうに大きなトップライトを突き出す様に配し上昇感をさらに強調しています。

内外共にフレキシブルボード(セメント板)で長辺側を囲い、短辺の妻側は外部にガルバリウムサイディング・内部に構造合板で構成しています。キッチン、階段、手摺等のアイテムはスチールの素地感を残し、木地の棚類も素材感のあるものを選んでいます。WAON(和音)と名付けられたこの住まいは、現在親子3人の音色を表しますが、着飾るのでは無い「素の住まい」であってもらえればと願っています。

なお設備面では、3層吹き抜け一室空間のため上下に空気を循環させるようファンを設け、暖房に対しては蓄熱式暖房器を採用しています。

建築概要

【 敷地概要 】
 ・場所   :兵庫県西宮市
 ・敷地面積 :89.21 ㎡
 ・用途地域 :市街化区域 第2種低層住居専用地域 建蔽率60%・容積率150%
 第1種高度地域(5M+1.25/1<12M)・敷地面積の最低限度80㎡ ・高さの最高限度10M)
 ・前面道路幅員:(西)4.0m

【 工事概要 】
 ・工事種別  :新築
 ・建築面積  :43.30 ㎡
 ・延べ床面積 :67.96 ㎡
 ・構造/規模 :木造 地上2階
 ・最高の高さ :8.76 m
 ・軒の高さ  :6.286 m
 ・構造仕様  :木造軸組工法
 ・基礎仕様  :鉄筋コンクリート造ベタ基礎/柱状改良

【 主な仕上 】
 ・屋根: 塗装ガルバリウム鋼板一文字葺き
 ・外壁: フレキシブルボード・ガルバリウムサイディング
 ・内装: 床 / 研ぎだし杉フローリング
 壁 / フレキシブルボード・構造用合板・水性塗装(油煙墨)
 天井/ フレキシブルボード・構造用合板・水性塗装(油煙墨)

【 設計/施工 】
 ・設計  :庄司洋建築設計事務所(担当:庄司洋)
 ・施工  :いなほ不動産(担当:末石稔雄/大工:池田真二)[site]
 ・金物  :LOOP [site]
 ・家具  :カリエラ
 ・暖房設備:きんでん京滋サービス [site]
 ・化粧木材:協同組合「しそう森の木」[site]・服部商店[site]

Photo:絹巻豊

関西の建築家|庄司洋建築設計事務所
【掲載等】

 

関連記事:

    None Found

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on Pinterest

More Projects